• ホーム
  • アカルボースとオーリスタット

アカルボースとオーリスタット

2019年05月15日
体の脂肪を気にする男性

ゼニカルを服用することでなぜ脂肪を排出することができるのかというと、それは人間の体の中で脂肪分解酵素として働いているリパーゼの作用を抑制するという力があるからです。
リパーゼは体の中に取り入れられた脂肪を、体が吸収しやすい大きさまでに分解する働きがあります。
こうすることによった体の中に脂肪がたまるようになっているのです。
しかしゼニカルにはこの働きを抑制する力があるので、体の中に吸収される前に、便と一緒に排出されてしまうのです。

グルコバイはアカルボースとも言われますが、これは糖尿病患者に処方される薬で、食事をした後の血糖値の上昇を抑制する効果があります。
すなわち糖質抑制作用があるということなのです。

アカルボースを服用することによって、食事をした後も結腸値が上がることがなく、食べ物も脂肪になりにくく、炭水化物は半分以上が排便されてしまうようになっています。
従ってダイエットと同じような効果があるといえます。
この薬を飲むときの注意は、毎日服用しないと言うことです。
たくさん食べるとわかっているときの食事の前に1錠飲むだけでいいのです。
副作用はあまりなく、おならの量が増えるといった程度です。
他の薬との併用はできますが、特にゼニカルとの服用は避けるようにします。
どちらも同じような効果があるので、強烈な便意に悩まされることになります。