• ホーム
  • 生活習慣病と肥満指数の把握とデザート

生活習慣病と肥満指数の把握とデザート

2019年10月19日

生活習慣病というのは、普段の何気ない生活の習慣が、思わぬ病気の進行や発症に関わるものです。
生活習慣病はその名のとおり、その人のふだんしている行動が、そのまま健康にも跳ね返ってきます。
偏食や喫煙、運動不足やストレスなんかが、いつの間にか体の不調へと変化してしまいます。
生活習慣病の予防をするためにも、肥満指数を把握しておくことは必要です。
ズボンがきつくなったとか、顔が丸くなったといった、漠然とした肥満レベルをなんとなく気がつくのではなく、肥満指数の数字で把握するのです。

肥満指数は、毎年の健康診断でもわかりますし、家庭用体重計でもBMIを計測できるタイプはあります。
自分の体重と肥満指数を数字で確認して、肥満レベルが過剰であれば、標準体重を目指してダイエットをしていきましょう。
肥満指数を知るのは、出来るだけ早いほうがいいです。
遅くなるほど、気持ちが緩んでダイエットが遅くなります。
早いほうが、その分だけ、はやく健康に近づくためのダイエットに近づくことができます。

ダイエットをしていくときには、ある程度の食事制限はつきものです。
食事の中でも、デザートに関して、やめられないという人もいるでしょう。
デザートは絶対に食べてはいけないわけではなく、何を食べるのか、その素材やカロリーを選ぶことで、食べることはできるものです。

デザートに選びたいのは、生クリームたっぷりのお菓子ではありません。
ヘルシーなおやつを、デザートとして適量いただくようにしましょう。
ヨーグルトにはちみつを加えたものもいいでしょう。
どうしても甘いものが食べたいなら、高級なチョコレートを1粒購入してデザートにしてもいいでしょう。
過剰に食べ過ぎないことと、心を満足させることを覚えておくことです。